WIB船内労働安全衛生マネジメントシステム     第1号 隠岐観光株式会社 殿

WIB式船内労働安全衛生マネジメントシステム 認定企業

 隠岐観光株式会社は、WIB式労働安全衛生マネジメントシステムの認証を受けて、全社を挙げて安全マネジメントに取り組んでいます。

 

 平成28年3月18日

団体名   隠岐観光株式会社

代表者名         殿

一般社団法人自主改善活動協会

代表理事会長 小坂 智規

WIB式労働安全衛生マネジメントシステム審査報告書

書類審査→現地審査の上、認証委員会の審議したで下記のとおり報告いたします。

審査結果

 

 合格

(但し、別紙の指摘事項を 月 日までに改善すること)

総評

 

 自主改善活動協会方式労働安全衛生マネジメントシステムを管理者、船員ともによく理解して、全員参加して安全点検を行い、改善を進めて記録を残している。さらに、労働安全衛生マネジメントシステムを発展させ、運輸安全マネジメントシステムを形成している。今後も、持続的な安全文化の形成を進めてください。

指摘事項

 別紙参照

添付書類

別添の事

* 自主改善活動協会方式

労働安全衛生マネジメントシステム認定書

* 自主改善活動協会方式

労働安全衛生マネジメントシステム登録書

* 自主改善活動協会賛助会員 登録料振り込み用紙

備考

 

WIB式船内労働安全衛生マネジメントシステム

船内労働安全衛生マネジメントシステムの導入促進をするために、簡便にできる(15分で読める)WIB式船内労働安全衛生マネジメントシステムを考案しました。

 WIB式船内労働安全衛生マネジメントシステムより推進をするためアドバイスと認証をする自主改善活動協会を設立して、普及を図っています。

改善の実例

 

 

隠岐観光さんのWIB式

労働安全マネジメントシステム

の紹介

方針の表明

* 安全方針

 

・事故0

*事故等の発生を撲滅することを目指し、お客様の信頼に答える。

推進メンバー役割と責任

 

代表取締役   

取締役 (安全統括責任者)

(運航管理者)

安全衛生目標

*安全重点施策(安全目標)

 

・改善進め方シートを使い安全性の向上を図る。

*労働災害を減少させるために点検・改善の推進を図る。

活動計画

(実施頻度、時期)

・書類は議事録、アクションチェックリスト、改善進め方シートは別途保存の事

 (4) 船内労働安全衛生計画

(5) 船員の意見の反映手順

(6) 災害発生時の原因調査

*運輸安全マネジメントシステム対応項目

 

・ミーティング 

( 2回 /年

・職場点検(チェックリストなど)( 2回 /年)

・改善の実施 ( 随時 )

・講習会 ( 1回 / 年

・「災害発生時の連絡体制・原因調査及び改善手順」その他法令で定められた書類の作成と保管

* ヒヤリ・ハットの収集・分析

 「ヒヤリ・ハットは航海日報へ記入する」

・改善進め方シートの作成及び点検

* 外部の講習会を受ける

 

活動内容の確認

*記録は別紙

同時保存

 

*レビュー

(全体の振り返り)

 

・ミーティング

( 2回 /年  

各船担当者会(議事録なし)

安全マネジメント会議(メモあり)

・職場点検(WIBなど )

( 1回 /年 

 3月に改善進め方シートを使い点検及び改善を行う。

・改善の実施

( 随時行っている。

・講習会

 ( 2回 /年

 WIB安全講習、乗組員安全対策研修会 を受けた。

・災害発生時の原因調査及び改善手順の制定

 事故なし

(備考)

次の活動へ

 *アクト

 

(振り返り)

 3月に行う予定。

(良くすべき点)

 

 

一般社団法人自主改善活動協会  

107-0052 東京都港区赤坂一丁目913 三会堂ビル地下1

一般社団法人全国漁業就業者確保育成センター内

担当者 久宗周二

  E-mail hisamune6*gmail.com メールを出すときは*を@に変えてお送りください。

 Association for Work Improvement on Board, Tokyo, Japan,

 107-0052 Sankaido-bilt. B1  1-9-3 Akasaka, Minato-ku. Tokyo, Japan

  Copyright © Association for Work Improvement on Board, Tokyo, Japan, 2016. All copyright is reserved by the Association for Work Improvement on Board, Tokyo, Japan. Nevertheless this publication is in the public domain and excerpts of the publication may be reproduced without authorization, on condition that the source is indicated.